2009年04月14日

レッドクリフPARTU有給鑑賞日

西暦2009年4月14日 有給取得っ!


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) レッドクリフPARTUを見たぞっ! ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

※レッドクリフ公式ホームページ → ここ




red-100.jpg



第1作目、赤壁前哨戦を見ているオイラとしては、

とにかく見るべしっ!むかっ(怒り) と、言いたいね〜。揺れるハート

 ※前回記事「レッドクリフと金城武♪」 → ここ



三国志フリークには、いろいろと物言いもあるだろうさ。たらーっ(汗)

三国志(史書)とも、三国志演義とも違うとかね〜。パンチ



しかし、オイラが何かの書で見たんだけどさぁ。


赤壁と言う拠点はねぇ、

  晴れ軍事拠点としてもぉ…、

    晴れ運搬拠点としてもぉ…、

      晴れ生産拠点としてもぉ…、


重要とは言い難いそうなんだな〜。もうやだ〜(悲しい顔)

つまり、あの戦を曹操の立場で、気合いを入れる必要なしと…。ダッシュ(走り出すさま)


しかし赤壁を軍事活動としてとらえずだよ!?

小僑(リン・チーリン)と言う、人妻の略奪活動ふらふらとしてとらえればぁ、

赤壁で争う理由になるではないかっ(驚)



red-002-01.jpg





曹操は助平だから、女のために戦をする揺れるハート





…とまぁ、こんな仮説でこの映画を見ると、とても面白いよね。ひらめき


映画に出てくる曹操(チャン・フォンイー)は、小男だからさ〜。もうやだ〜(悲しい顔)

本物の曹操も、小男コンプレックスたらーっ(汗)の塊だとするじゃん?(仮設)



red-001-01.jpg






そうするとさぁ、モテないからさぁ、






戦で目立つしかないわけよぉ!






う〜ん、よく出来た脚本だし、シナリオだ。いい気分(温泉)





ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)





今回の見どころは、後半30分の赤壁の戦いの映像ね。



red-005-01.jpg





ここは、圧巻だよ〜。




映画の大画面で見なけりゃ損そんだよん。



ちなみに、オイラのお勧めなのは、吹き替え版だね。カチンコ


俳優たちの生声を聞きたいなんて、通みたいなこと言わないでさ。

純粋に、映像そのものを、余すことなく楽しむなら吹き替えだよ。




あと、前回はキャラの立たなかった、孫権、曹操も非常に良いよん。

特にオイラは、孫権(チャン・チェン)役が良かったと思うなっ。


趙雲(フー・ジュン)は、出番が少ないのに、良いとこ取りだな。

まるで、WBCの時のイチローみたいだよ(笑)



red-004-01.jpg




甘興役の中村獅童は、赤壁の本陣間近で命を落とすの。

壮絶な死を遂げるんだけどさ〜。がく〜(落胆した顔)


下の画像は爆破に巻き込まれるシーンだけど、   バッド(下向き矢印)

ここで感動を呼ぶための伏線が、しっかりとあるんだな。



red-000-01.jpg




作り手の思いを汲むと、面白さが倍増するぞ〜。グッド(上向き矢印)

とにかく、レッドクリフ全編通して、花丸だね〜。かわいい



あと、三国志について1点気がついたことがあるのね。

劉備玄徳は、ドラマ向きじゃないね〜。


手っ取り早く言えば、血統の良い普通のオヤジだからさ(笑)

映像になっちゃうと、他のキャラ達に食われちゃう。



まぁ、どうでも良い事なんだけどね〜。




うん。


posted by ハナユビ at 00:00| | Comment(14) | TrackBack(14) | 場所…大好物映画篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パート1を、つい最近テレビで見た〜〜。
面白かったよ。

この監督が作る映画は、ファンタジーに近いと思う。

個人的には、信長の一生とかを題材に、映画を作ったら面白そうなんだけどなぁ〜。

Posted by ももんが♀ at 2009年04月17日 00:41
> ももんが♀さんへ
テレビでやってた?
知ってたら録画したのに、しまった。
戦国時代も面白いね〜。
大量の人間で、桶狭間とかメチャリアルに作ったら絶対に行けるよ。
秀吉の清州城とかね。
大迫力スペクタクル。
みたいねぇ、うん。
Posted by > ももんが♀さんへ at 2009年04月18日 07:11
平日の映画っていいよねぇ〜♪
で、まだレッドクリフ1も観てません(汗)
一気にレンタルで観るしかないね!!!

曹操役の方、「覇王別姫」で印象深いですぅ♪
Posted by あんじー at 2009年04月18日 07:42
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
  爆破に巻き込まれるシーン。。。   
   感動を呼ぶための伏線。。。

    ドキドキさせるね〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Posted by hanachan-234 at 2009年04月18日 23:01
御覧になられたようで(^^)
私はもう一度行く予定です(笑)前回も2回観たけどあれは登場人物や話の伏線やコネタ?が多すぎるから一度じゃ味わい尽くせないよ(笑)
ちなみひ私は字幕派。劇場の一番後ろの席で観るのがお薦め。
最近の劇場は音響にこだわってるから背後からの足音や馬の蹄の音にびっくりして2倍楽しめます。
スピーカー近いから椅子もゆれるしね
Posted by りんりん at 2009年04月19日 00:00
私も映画大好きですっ!!

でも、旦那くんは誘っても
DVDで観れば安いから〜って
乗ってくれません。

私は・・・DVDは苦手だなぁ。
眠くなっちゃう。
やっぱ大画面の大音響で
観なくちゃねぇ・・・。

先日は、ふと思うことがあって
独りでおくりびと観て号泣してきました
(↑↑ ハナユビさんは観なそ〜だけど)

近日中に、ヤッターマン観るぞぉ!
Posted by かっちゃん at 2009年04月19日 00:51
> あんじーさんへ
平日の映画って最高だよ〜。
空き空きでさ。
たださ、会社もやってるし、顧客もやってるから、気になっちゃって、メールばっかりチェックしちゃうんだよ。
サラリーマンだよね〜、こう言うところがさ。
うん。
Posted by > あんじーさんへ at 2009年04月19日 07:31
> はなちゃんさんへ
凄く、ドキドキのスペクタクルだよ。
相当、しっかり脚本を書いてるね。
丹念に、丹念に…。
オイラは、一押しの映画だよ、うん。
Posted by > はなちゃんさんへ at 2009年04月19日 07:33
> りんりん さんへ
そうなんだよ〜。
今回のは、本当に脚本がしっかりしてるからさ、字幕で見ると絶対、目を離しちゃうんだよ。
それと、字幕って思いのほか、セリフスっ飛ばしがあるからね〜。
んだもんだから、最初から吹き替えにしたよ。
出演者の味を楽しむなら、絶対に字幕だけどね。
次回は、一番後ろにチャレンジだな〜、うん。
Posted by > りんりん さんへ at 2009年04月19日 07:42
> かっちゃんさんへ
旦那の発想は男にありがちッス(笑)。
スペクタクルなやつは、DVDだとちょっと臨場感なさすぎ。
おくりびと…、たぶんオイラもDVDで見る(爆)。
どうしても音響がバーンとか、大量なエキストラがドバドバ〜とか、映像がグラグラ〜系は、映画館で見ないと。
んだから、しんみりしたのはTVってかんじかな。
ヤッターマンは、超お勧めだよん。
うん♪
Posted by > かっちゃんさんへ at 2009年04月19日 07:48
ブログご訪問をありがとうございました。

たしかに後半30分の戦争のシーンは、迫力があってすごかったですねぇ。

映画の感想の書き方が細かい点まで触れられていて、非常に分かりやすいですね。
勉強になりました。見習いたいです。
Posted by happy-place at 2009年04月19日 16:12
初めてコメントさせていただきます。

ハナユビさんの仰る通り、本作では曹操の小者っぷりが強調されてたように感じます。そして終盤の要塞戦はノルマンディー上陸作戦を彷彿とさせる迫力があり、とても前のめりになってしまいました。「PartT」ともども劇場に足を運んで良かった思える作品でした。

いつかこのクオリティで戦国物な邦画を観てみたいです!
Posted by isaki. at 2009年04月19日 22:17
> happy-placeさんへ
ご訪問、あっざぁぁぁす♪
> 見習いたいです。
そんなことないです、全然へなちょこですよ。
また、時々寄らせてもらいますね〜。
うん。
Posted by > happy-placeさんへ at 2009年04月19日 22:38
> isakiさんへ
御来訪ありがとうございまぁぁぁす。
三国志はあまりにもファンが多いし、いろんな見方ができるから、細かいこと言うときりがないよね〜。
今回のジョン・ウー版三国志と割り切れば、
こんなに素晴らしい作品はないよ。
いや、近代映画の中でかなり上に位置すると思うな、うん。
Posted by > isakiさんへ at 2009年04月19日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』(2009/ジョン・ウー)
Excerpt: 「デブ助、また肩車してやる」 待ちに待った『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』観てきました。 “未来への最終決戦”という勘弁...
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2009-04-17 14:25

レッドクリフ Part II 未来への最終決戦
Excerpt: 曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ PartT』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-04-17 23:47

レッドクリフ Part II 未来への最終決戦
Excerpt: 疫病が蔓延し、敵の劉備・孫権軍に感染を広めるため、死んだ兵士たちを船に積み対岸へ流す曹操軍。 広がる疫病に劉備は自軍の兵と民を守るために撤退してしまう。 劉備軍からひとり残った孔明は、3日で10万本の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-04-18 13:10

★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」
Excerpt: 今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-04-19 02:18

映画「レッドクリフ PartU −未来への最終決戦−」
Excerpt: 原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-04-19 11:03

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜!
Excerpt: 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-04-19 17:19

レッドクリフ Part? 2009-18
Excerpt: 「レッドクリフ Part?」を観てきました〜♪ 呉・蜀連合軍の軍師・周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)は、曹操(チャン・フォンイー)の策略による疫病の蔓延に悩まされていた。そんな中、自軍の兵..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2009-04-19 20:18

レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―・・・・・評価額1700円
Excerpt: 「三国志」の前半部分でも特に人気の高い「赤壁の戦い」を描いた、ジョン・ウー監督のスペクタクル時代劇の完結編。 「レッドクリフ Part? ―...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-04-21 23:34

【映画】レッドクリフ PartII
Excerpt: ▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-04-22 08:29

レッドクリフ PartU-未来への最終決戦-
Excerpt: [レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年33本目(31作品)です。 前作ではスケールの大きな戦闘シーンにインパクトを与え、今回の場合は、ストーリー中心の内容..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-04-22 23:47

レッドクリフ (トニー・レオンさん)
Excerpt: ◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2009-04-27 15:36

映画:レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−
Excerpt:  三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-05-05 17:55

[映画]レッドクリフPart2〜未来への最終決戦〜
Excerpt: 「レッドクリフ Part2」を見ました。 「レッドクリフ Part1」を見て感動...
Weblog: オレメデア
Tracked: 2009-05-15 00:02

「レッドクリフ PartU−未来への最終決戦−」誰?こんな長いサブタイ付けたの!
Excerpt: [レッドクリフ] ブログ村キーワード  大ヒットした「Part T」に続いて、いよいよ完結編の公開。「レッドクリフ PartU−未来への最終決戦−」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-05-26 20:40
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。