2008年02月03日

雪遊びをしよう♪

雪雪雪 雪だぁ〜。 雪雪雪



直江津から持ってきちゃったかな?



ガキの頃、雪が降るとお袋が、

「雪だるま作ってきな〜」って、家を追い出されたもんだ。



家の前で作ると、後で雪かきがチョット楽になるからだって。










??





お袋の思考がよくわからない…。たらーっ(汗)





ガキにとっちゃ、出ていくなって言われるより良かったけど。ダッシュ(走り出すさま)




オイラがガキの頃、四谷に住んでたことがあってさ。

家の裏が笹寺って、墓地があったんだ。

家の前で雪だるま作るより、墓地の方が面白いんだ。



晴れ地面が土だから、雪が良く積もるしさ。

晴れ人が歩かないから、どこも一番に足跡付けられるしさ。

晴れ墓が障害物になって、雪合戦が白熱するんだ。

晴れあんまり騒いでると墓守ジジィが来て、スリル満点。

晴れ新雪の上で、おしっこで字を書く競争もOK。





今、この年になって列挙すると…。





とんでもねぇガキだ(爆)。あせあせ(飛び散る汗)





一回、ガキ4人でかまくら造りに挑んでさ。


半日かけて頑張ったんだけど。




でっかい山ができただけだったよ。もうやだ〜(悲しい顔)




土が混ざってコ汚ねぇ〜のがね。たらーっ(汗)




こればっかりは、墓守ジジィに叱られて、壊したよ。


ジジィも一緒になって、壊したんだ。



後で、お茶と煎餅をゴチになってな。揺れるハート




ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)ー(長音記号1)ー(長音記号2)



この年になると、雪見てドキドキしねぇな。

今日は一日中、冬眠するよ。


こんな寒い日は、神様だって臨時休業だろうさ。るんるん


うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

昭和凧揚げの思い出♪

正月2日目…大いに快晴〜。

空には素敵な、鳥の羽のような雲…揺れるハート



wing001.jpg





ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 最高だぁぁ〜♪ ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




相変わらず、自堕落な生活を送っているよ。

でも、相変わらず正月気分にはなれないね〜。もうやだ〜(悲しい顔)


オイラがガキの頃の正月って言えば…


やってる店が極端に少なくてね〜。

玩具屋、ケーキ屋、一部の店屋物屋くらいしかやってないよぉ。

デパートも元旦は流石に、閉まってた気がする…。たらーっ(汗)


ガキ共は、暇で暇で死にそうあせあせ(飛び散る汗)だったから、友達誘いに行こうとすると、





お正月くらい家でジッとしてなさいっっ!むかっ(怒り)






って、お袋の逆鱗むかっ(怒り)に触れて、午前中は「生ける屍」と化す。



朝飯は煮ものと、おせち料理と、雑煮ね。

元旦の朝は、この料理も新鮮だから美味いんだよ。



三が日目になると、同じメニューで完全に拷問化バッド(下向き矢印)するんだ。



大好きなカレーだって、3日も続けりゃ飽きるのにさ。

2日も3日も食わされりゃ、誰でもゲロゲロさ〜。



午後になって、やっと外出が許可されると、ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

街には着物着た大人が往来しているのが、お正月の基本ね。



どっからともなく、チントンシャン的な音楽が流れててね。

その合間を縫って、神宮外苑の草野球場に入って、凧揚げさ。



オイラ幼少のころは、ゲイラカイトが上陸前だから、

凧揚げって言えば、和凧の事だったんだ。



玩具屋以外に、ちゃんと凧屋ってのがあってさ。

オイラみたいな、貧乏人は200円の角凧買うんだけどさ。

タタミ2畳くらいあるヤツとか、売ってたよ。



凧揚げだって、「凧持って行こうか」って、気楽じゃないよ。



和凧は、揚がらなくて当然。パンチ




だから、凧揚げグッズってのを用意して行くんだよ。

新聞紙、ハサミ、ノリ、絹糸、和紙とか一式ね。



上手く揚がらなきゃ、新聞紙で足を拵えなきゃなんないし、

破ければ、和紙貼って修復しないといけないしね。



揚げるのだって、一人じゃ簡単にはいかないよ。

2人1組!これ当然のフォーメーションさ。

一人は凧を引く、一人は凧を持つってね。


今じゃ、外来種の三角カイトに席巻されちゃったな。

気軽にできるし、構造は簡単だし、楽に揚がるしな。


でも、和凧のあの苦労は、やっておいた方がいいと思うんだよ。

和凧を揚げる苦労も、仕事する苦労も、楽しんでやらなくちゃね。揺れるハート




凧揚げの楽しみは、外来種のお陰で楽になった。
でも、和凧の造形、絵画、何より揚げる難しさ。
それらが織りなして、全部が楽しい。
それが和凧だと思うんだ。
でも一日中、凧と格闘する覚悟がいるよ、うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

チャリンコを改造しよう♪

  


死者続出!暴走自転車の恐怖たらーっ(汗)



これ、週間SPA!の見出しね。



今は、自転車をバイク並ダッシュ(走り出すさま)に改造しちゃう人々まで、居るらしいよ。



でもぉ………、チャリンコはチャリンコだからいいんじゃないの?




オイラがガキの頃は、チャリンコの改造もお茶目揺れるハートなもんだったね。

昭和50年くらいだから、今みたいな派手なパーツがなかったもんな。



まず、ママチャリのハンドルとサドルを取っ払ってさ。

チョッパーハンドル(死語)と、バナナシート(死語)を付けてね。

これで、ふんぞり返って乗る、チョッパーのメインフレーム完成。ぴかぴか(新しい)




当時、デコチャリは、ピーターフォンダ主演の、イージーライダーをパクっててね。

img20061204.jpg






デコチャリの基本は、チョッパーになっちゃう。



完成品のイメージ画像ね。(当時の写真がなくてね)



でも、こんなにカッコ良くないよぅ。




お陰で、力強く漕ぎ出すと、ウィリー(死語?)しちゃうんだ。







………・見かけによらず、ナイーブなマシーンたらーっ(汗)










他には、サイレンとかマメ電球とか、周辺機器ね。

サイレンなんかは、電子回路の組み立てキットが売っててさ。

鳴らすと、暴走族の方々が出す、けたたましい音が出るんだ。




キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ン キュ〜ンゥゥゥ




ハンドルとかシート、サイレンなんかはさ。

少年雑誌の最終ページに、通信販売で掲載されてたよ。


確か、チョッパーハンドルは2000円。

ロボットハンドルは3500円じゃなかったかな。





一年以上かけて、コツコツ仕上げたもんさ。







そう言えばさぁ、最初にお袋が改造後のチャリを見た時にさ。



マァ〜、素敵な自転車ネェ。誰の?




って、聞いたんだよ。





俺のぉ!






って答えた時、お袋のしまった!って顔が、今でも鮮明に覚えてるよ(笑)。



まっ、とりあえずチャリ乗る時には、安全に乗ってよね…………


posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

昭和のカラオケパブに行こう♪

オイラの幼馴染んちは、新宿でパブバーをやってたんだ。

お陰で、オイラのカラオケ足デビューは18才の時さ。ぴかぴか(新しい)
※昭和58年(西暦1983年)


今では、カラオケBOXがあるから、18才デビューだとオクテだけどさ。あせあせ(飛び散る汗)

当時は、カラオケってのは、今ほど陽気なもんじゃなくてさ。たらーっ(汗)


銀恋(銀座の恋の物語)とか、別れても好きな人とかさ、




隠微(いんび)な歌謡曲にあわせて、お客同士でチークを踊ったり、

店の女の子とデュエットをしたりするツール(道具)だったんだ。




今みたいに、楽曲だって多彩にあるわけじゃないよ。もうやだ〜(悲しい顔)

8トラック(エイトラ又はハチトラね)のカセットをブッ込こんでさ。晴れ

歌詞カードをめくりにめくってさ。

ステージに上がってさ。……







目ぇつぶって歌うわけよ。








リモコンなんて、ありゃぁしねぇよ。どんっ(衝撃)

LD(レーザーディスク)化するのなんて、まだまだ先さ。

ましてや、配信なんて環境…想像を絶する状況だったんだ。たらーっ(汗)




順番待ちはあるものの、そこは今より待たなかったよね。

人前で歌えない人種も多かったからね。

歌いたい奴女とイチャつきたい奴チーク踊りたい奴…。







全部が渾然一体だったのが、この頃のカラオケパブさ。ひらめき








  バッド(下向き矢印)新曲はなかなか、補充されない。

  バッド(下向き矢印)歌詞カードは自分でセットする。

  バッド(下向き矢印)カセットは、元あった場所に戻しておかないと、次の人に迷惑がかかる。

  バッド(下向き矢印)ムード歌謡がかかると、チークタイムになって、うっとおしい。

  バッド(下向き矢印)若者がいないから、元気な歌を歌うと煙たがられる。

  バッド(下向き矢印)おばさんにチークを迫られる。




う〜ん、イヤな時代に、カラオケデビューしちゃったな。むかっ(怒り)




そういえば、この時代のカラオケスナックで、怖い思いをしたことがあるんだ。


よく、ヤクザの組の人が来てたからねるんるん




次回、記事を書いてみようかな、みたいな……。もうやだ〜(悲しい顔)



【カラオケスナックの関連サイト】

   カラオケ - Wikipedia

   8トラック|オーディオ今昔モノガタリ

   e-hon CD/歌が唄いたい!!ベストヒット&カラオケ 昭和の歌謡曲 ...

   斜陽/カラオケの歴史

   カラオケ歴史年表

   カラオケ
コメントありがとう………………
posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

歌舞伎町で遊ぶ少年

オイラがガキの頃、歌舞伎町も遊び場の一つでね。


小学5、6年生(昭和50年位かな)の頃は、コマ劇場の前で缶蹴りやってたよ。

当然、ガキの目線で細い路地、高い塀を駆使して、隅々まで知ってたよ。ぴかぴか(新しい)


よく缶蹴りの延長で、お店の盛り塩を蹴って遊んだもんだよ。わーい(嬉しい顔)


盛り塩ってのはさ、店の繁盛を願って戸口に盛る塩…。

一説にはその昔、牛車を戸口につなぎ、牛に塩を舐めさせるための塩場…、

って言ううわさもあるけどね。るんるん



ぴかぴか(新しい)ある日、ソープランドに盛られた塩を発見。ぴかぴか(新しい)

(当時はト○コ風呂と呼ばれていた)




何で、ソープランドって分かるかって言うと、裏のゴミ箱にさぁ…

コンドームがタラフク捨てられてんだ(笑)。



当時のオイラは知るわけも無く、風船にしては変だなと思ってたんだ。

本当に道端にトッ散らかってたんだよ。たらーっ(汗)


で…、その盛り塩をさ、我先に蹴り散らかして遊んでいんだ。

ある日、「塩」を思いっきり蹴り飛ばした、その瞬間…




「こンのガキィ〜ッ!!むかっ(怒り)





という、物凄いヒステリックな叫び声がしたんだ。

振り向くと、そのソープランドの窓から、鬼のような形相のバァさんが…、







こっちを睨み付けててさ……。たらーっ(汗)









「ヤバイ!」どんっ(衝撃)




と全員一目散に逃げ出したんだ。

その後を




「待ちやがれっ! この野郎っ!!むかっ(怒り)





という、バァさんの怒鳴り声が追い掛けてくるんだよ。




オッカナイったらありゃしねぇよ…。もうやだ〜(悲しい顔)




もう必死になって逃げてさ。

2度と歌舞伎町の盛り塩を蹴らなくなったね。るんるん

そのくらい、そのババァがおっかなかったんだ。


お陰で、ソープランドには、行く気がしなくなっちゃてさ。




とんだトラウマだよ(笑)。ぴかぴか(新しい)







セックス産業に生きる人たちには脱帽だよ。
まずはその、タフネスさね。
そして、そのアイディアのユニークなこと!
そして何より、ストイックにセックスを産業化していることね。
なにより、能動的に彼女を作れない男にとって、
この産業の担う役割は大きい。
…と、こんなことを書くと、お叱りをうけるんだろうなぁ。
posted by ハナユビ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ディスコに行こう♪

− 今日は日記の日です −


あんじーさんの★ CAFE DE おかん’S ★を見ていたら、オイラと同じ年代。

しかも、歌舞伎町ネタどんっ(衝撃)と言ったら、食いつかなければばるまいね。


当時の昭和40年生まれのヤングには、モテモテ3原則ってのがあってね。





サーファーバンド暴走族(ヤンキー)ってね。






まっ、巨人大鵬卵焼きに近いかな。



オイラは、そのどれでもなく、体育会系の部活に興じる青年さ。




あんじーさん曰く、

> なんといっても〜最大の遊び場はディスコ



そーです、そーです。


ゴーゴー喫茶でもないし、クラブでもない、ディスコですわ。



アンジーさん曰く、

> まだ、ジャリン子は渋谷「CANDY CANDY」,
 新宿「GBラビッツ」などの高校生ディスコに行くんだ。




オイラは、歌舞伎町でディスコって言えばB&Bが御用達。

”なんちゃってサーファー”が結構いたと思うぞ。


なんたって、ディスコに行くからには、ナンパしなければいけない。

ナンパをするなら、武器を持たなければならない。


しかし、とある格闘技系の部活をたしなんでおり、髪の毛が5リンしかなかった。


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)つまり、ルックスは武器にはならないわけだ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



サーファーでもなけりゃ、楽器も弾けない、族に絡んだ経験なしexclamation





ところが、体育会系ってのはパワーと、力まかせせのギャグという武器がある。


そう、いつも先輩の説教タイムには、

  ひらめき蝉(セミ)の真似をさせられたり、

    ひらめき大場久美子の”スプリングサンバ”を元気よく、振り付けで歌わせられたり、 

      ひらめきジュリーの”恋のバッドチューニング”を上半身裸で歌わされたり、

        ひらめき人に言えないようなことをさせられたり…。


お陰で、ビーチナンパは困難を極めたが、ディスコナンパはヒット率が高かったのぅ。


”ねぇねぇ、今何時?”

”9:00だよ。”

”奇遇じゃぁ〜んオイラの時計も同じ時刻指してるよ。”

”神の思し召しだな。一緒に不純異性交遊しよう。”
※不純異性交遊は死語です。


”キャー、やだこの子達、おもしろーい”



よっしゃぁパンチみたいな。





結構、筋肉と5リンと身長(183cm)とパワーで、それなりにエンジョイできたな。


ナンパの後は、風鈴会館でビリヤード。

当時は、まだハスラー(トム・クルーズ)が流行る前でね。


偉そうに、4つ玉なんて撞いちゃったりしたな。グッド(上向き矢印)


とりあえず、男子校に入学して気づいた、女性のいない異常環境…。たらーっ(汗)

その、マイナスパワーはオイラにとって、無限のパワーを生み出していたんだ。パンチ


…と、そんなことを思い出しちゃったな。


今は、見る影なし…。
posted by ハナユビ at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

パチンコしたいんだよ、オイラは!

この前、パチンコ屋を覗いたら、全部フィーバー台なのな。
※今、フィーバー台って言うの

画面は液晶で、”ウルトラセブン”、”キカイダー”、”北斗の拳”…。

挙句の果てに、”冬のソナタ”ときたもんだ。


これじゃ、昭和40年生まれの諸兄、韓流ファンの女性は…、






グラグラだな。ぴかぴか(新しい)







オイラがガキの頃のパチンコ屋はレトロでさ。

まだ、指でレバーを弾くタイプだったね。ビンビンってね。


役モノも楽しいんだ。電子的じゃないんだよな、動きが。

パチンコ球がその重みで役モノ動かす様は、子供心にウキウキしたよ。


玉だって、座ったままでなんか買えないよ。

ちゃんと玉の販売機まで行って、両手で持てる分を買ってくるんだ。






何から、何まで手動なんだ。






オイラがパチンコをできるのは、家族旅行に行ったお泊りの夜。

ご当地の商店街を散歩する時だけ、親父が連れてってくれたんだ。

小学4年生までは、家族で旅行にいってたからな。

夏休みと冬休みの年に2回だけだけど、旅行の楽しみの一つだったよ。



親父の隣に座って打つんだけどさ。

親父は、めっぽう釘を凝視して台を厳選するんだ。

オイラは、適当に選んじゃう。

釘なんて分かんねぇもんよ。





でも、困った事にオイラだけ出ちゃう(笑)。




絶対に勝っちゃうんだよ。るんるん

まぁ、小箱2箱くらいだったと思うけど、ガキにとっちゃ圧勝だよ。

1か月分くらいのチョコレートを、お持ち帰りしたもんだ。


旅行から帰ると、パチンコがやりたくて、やりたくてうなされちゃう。

よく、従姉の姉ちゃんを騙して、連れてってもらったもんさ。




あっ当然、お金も出してもらってね。揺れるハート





お陰で、年齢解禁になった時、ビシバシ通ったもんだよ。

アナログで育ったオイラとしては、釘を見て台を選ぶより、

台を見てICチップを選ぶ今のパチンコに魅力を感じないんだ。


アナログなパチンコをしたいんだよ、オイラはパンチ



posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

クツ飛ばしで遊ぼう♪

オイラがガキの頃、”クツ飛ばし”☆って遊びがあってさ。

なぁ〜に、遊び方は簡単さ。揺れるハート


線を引いてそこに立ち、順番に思いっきり 遠くにクツを飛ばすのさ。

一番遠くにとんだ奴が勝ち って、たったそれだけの遊びさ。ぴかぴか(新しい)



普通に飛ばすのがつまらなくなると、ブランコを漕ぎながら飛ばすとかね。

バリエーションがあって、よく楽しんだもんだな。わーい(嬉しい顔)


クツ飛ばしは、よくトラブルを起してね。 

  木の高い枝に引っ掛かっちゃって取れなくなったり、たらーっ(汗)

     人ンちの塀の中に入っちゃったり、たらーっ(汗)

         歩いてる人を直撃して、叱られたり、たらーっ(汗)

             泥水の中に落っこちて、トホホになったり…。たらーっ(汗)



まぁ、リスクを犯してやる遊びの中では、難易度は低かったけどね。るんるん



でも、どうしてガキって、リスクのある遊びに惹かれるんだろうね。


ママゴト失恋でもしてりゃぁ、安全に遊べるのに。



そう言えば一回、ブランコに乗りながら飛ばそうとした時に、

   つま先が地面を擦って、前のめりにブランコから落っこちた。


かなり、こっ恥ずかしかったよ。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

大迷惑!歯医者さんゴッコ

オイラがガキの頃、女の子誘ってお医者さんゴッコすると、

よく叱られたもんだったよ(笑)。

ところが、何で叱られてんのか良く分からない・・・。たらーっ(汗)



そこが、お医者さんゴッコの醍醐味なんだなひらめき




オイラ達は、歯医者さんゴッコってのもやっててね。

まず、用意するのはドライバーピンセット揺れるハート

それから、脱脂綿味噌醤油マヨネーズコーラ・・・その他。


まず、好みのブロック塀に、目をつけるじゃん。るんるん



そこに、悪ガキどもがドライバーで穴をあける訳よ。るんるんるんるん



その中に、マヨネーズやら、コーラやらを染み込ませた、


脱脂綿を詰め込むのさ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




延々とブロック塀に穴をけて、歯に見立てた治療をする訳さ。


これ、本当に最低の遊びでサ。



目を付けられた家は、たまったモンじゃない。たらーっ(汗)

ブロック塀が穴だらけでサ。たらーっ(汗)たらーっ(汗)


しかも、終わった後、律儀に脱脂綿を取り出すんだけどさ。




・・・・・・・・・これが良くない。





夏場とか、この穴の中に蜘蛛が住み着いちゃってさ。

ブロック塀に空いた、無数の穴に蜘蛛がビシバシ住んじゃってね。もうやだ〜(悲しい顔)


それでも、あんまり怒られた事は無かったな。

遊び始めると、黙黙と一時間くらい立ちっ放しで治療に専念するから・・・・。


本当はバレるのが普通だと思うんだ。



とにかくシロアリより、たち悪い遊びだったな。 ひらめき
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

8の字で遊ぼうじゃねぇか♪

今日、野球の韓国戦を見ながら、坦々面を食ってるときに思い出したんだ。

そう言えば、オイラがガキの頃、8の字っていう遊びがあったんだ。

ルールは簡単だけど、戦略がモノを言う遊びでね どんっ(衝撃)


まず、丈夫なロープを用意するのね。
ビニール縄跳びじゃダメだぜ exclamation

このロープの両端をお互いに持つじゃん(図を参照な)

一回だけロープを操り、輪っかを作るんだ。

これを交互に繰り返して、8の字になった瞬間、ロープを引っ張りッこする。
(図の↓参照な)

z2.gif



足がずれた方が負けなんだ。





これ、単純に見えるけど、頭使うんだよ。


これには、法則があってさ。

最初に輪を作った次の奴が、



引っ張りッこをやるか、輪を崩すかのイニシアチブが取れるのね。



次に、自分の近くに輪が出来た時が勝負パンチ

だって、8の字を作りやすいでしょ揺れるハート

この時に、どう相手より先に仕掛けるかが、勝負の分かれ道ね。


力を入れすぎると、弛んだロープを送り出されて、バランスを崩すし、

引っ張らないと、前のめりに崩される。


ガキの頃は、遊びに頭を使って楽しかったのに、





今わ、仕事で頭を使うとヘトヘトさぁ。




オイラって、つくずく仕事が嫌いなんだなぁ・・・・・・。


今、気付いたけど・・・・・・言葉で説明すんの・・・・・・困難で険しいノウもうやだ〜(悲しい顔)
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ケンパー世代の備忘録・・・


今日も、チョークを持って、娘さんと公園へ行ったよ。

風は強いけど、暖かくて気持ちがいいぜ。揺れるハート


さて、道端”チョークで遊ぼう編”の第2弾



 
ケンパーの巻きだパンチ
 


k7.bmp
ケンパーって知ってるよな?

地面に1から10のマスを書いてさ、
1人ずつ順番にマスに向かって石を投げるのさ。

マスの中に上手く石が入ったら、石のあるマスをよけて、
ケンパーケンパーて飛びながら、行って戻ってくるわけ

あぁ〜、細かいルールを書くのぉ、面倒臭ぇ
知りたい奴は聞きに来いパンチ


・・・でぇ、
遊んでるとさぁ、道行くバァさん達の食いが凄いんだよ。


”まぁ、懐かしいこの頃、見ないモンねぇ”


なんてな。


あるバァさんが言ってたんだけどな。

幼稚園で手伝いをしてた人なんだって。

幼稚園には、独楽とかオハジキとかあるんだけど、



先生達が遊び方を知らないんだとがく〜(落胆した顔)



そのバァさん、自分の息子に来てもらって、実演したらしいよ。


こりゃぁ、ますますオジン(死語)といわれても、

    屋外の遊び方教えてやらにゃヤバイな。


ちなみに、ウチの娘さんは5歳でケンパーをデビュー。



アララのラ物凄い・・・ヘタっexclamation


まっ、幼稚園でも教わらない事やってんだから、しょうがないけどね たらーっ(汗)



posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

真空管、断末魔の叫び!

真空管は人類のエレクトロニクス進化の過程の立役者グッド(上向き矢印)

オイラがガキの頃、小学3年くらい(昭和50年近く)には、

真空管からトランジスタに変ったんじゃないかな。多分…。


町内のゴミ捨て場を一回りすりゃぁさぁ、

真空管が刺さったオーディオ機器が、ビシバシ捨てられててね。



オイラ達ガキどもは、その真空管を引っこ抜いて集めるわけだぁ。ぴかぴか(新しい)

デッケエのから、チッコイのまで、当時は良く集まったもんさ。


しかも、ゴミの分別なんてやりゃしない時代どんっ(衝撃)

粗大ゴミが、一般ゴミに混ざって置かれてっから、とり放題よね。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)



オイラ達は集めた真空管を持って、秘密の隠れ家…つまり工事現場。


もって行くわけサァ。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)




そこで、真空管を壁や地面に叩きつける exclamationどんっ(衝撃)exclamation



ぼむん・・・爆弾爆弾




いい音がするんだ。


爆発音のような、こもった感じのような、



真空管ならではの断末魔黒ハート黒ハート





真空管集めるのに1時間、爆発で遊ぶのに5分くらい。


本当に、はかない遊びだったなぁ・・・。


ちなみに、あの音はもう2度と聞けないことを考えりゃァ、

オイラの育った時代にも、プレミアが付くってモンだっ ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

冒険ゴッコとウルトラ小便♪

オイラがガキの頃、冒険ゴッコってのがあったぞ。

二人以上いると、一列に並んでねぇ・・・、ダッシュ(走り出すさま)

   先頭の奴が行くところに、後をついて行くんだ。ダッシュ(走り出すさま)

   ・・・・・・と言うよりマネをするのね。ダッシュ(走り出すさま)


先頭の奴は、後続の奴が付いて来れないような、

   難易度の高い所をあるくし、どんっ(衝撃)

      後続の奴は、置いてきぼりを食わないように付いて行く。ダッシュ(走り出すさま)



つまらなそうな遊びだろ?




しかぁ〜し、そんな事はないぞなっ。


   こわぁ〜い、イヌの前をギリギリまで接近してくるとか…、

      ゴキブリの死骸に、ギリギリまで指を近づけるとか…、

          たかぁ〜い塀の上をケンケンで進むとかね…。



ある日、冒険ゴッコの時にさ、高い塀の上 歩いてたんだ。

先頭の奴が


”ウルトラ小便だあぁぁぁ”




と言いながら、いきなり塀の上から放尿したんだ がく〜(落胆した顔)



オイラも負けじと放尿さぁ

   結局5人くらいが雁首そろえて放尿タァ〜イムるんるん


ドッコイ近所の雷親父に見つかってさ。

こっぴどく怒られるかと思ったんだけど、放尿してるから近づけないんだよ

結構、スカッとしたのを覚えてるよ ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


PS:東京都新宿区大京町にあった、大洋漁業の寮にいた皆さん、

       ごめんなさい・・・・・・・・・・。

   ウルトラ小便で、花壇をションベン臭くしたのはオイラ達です。



posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

凧ってどう遊ぶんだっけ??

オイラがガキの頃、凧って言えば和凧でね。

角凧、六角凧、奴凧・・・、どれも、上げるのがむづかしてねぇもうやだ〜(悲しい顔)


小学生の時にゲイラカイトが上陸した時には、衝撃的だったなぁ。




凧を上げる努力は、ほとんどいらねぇんだよぴかぴか(新しい)





苦労なくして上がっちゃう訳だから。

あの凧が上陸したおかげで、喧嘩凧とかできるようになったんだ。

当時、うろ覚えの記憶で¥1,200?くらいだったような。
※高価だったよね、実際。


m9.bmp
この前、うちの娘をつれて凧を上げにいったんだ

あいつ、高く上げるより、飛行させるのが楽しいらしくてさ。

ひたすら、ひたすら、ひたすら・・・・

   走るダッシュ(走り出すさま) 走るダッシュ(走り出すさま) 走るダッシュ(走り出すさま) 走るダッシュ(走り出すさま)


付き合ってる方は、つまんねぇは、疲れるは…やんなっちゃったよ たらーっ(汗)

大体からして、凧上げってさぁ、こう言う遊びじゃねぇだろぅどんっ(衝撃)



m10.bmp

子供ってサァ、

   何にハマるか分かったもんじゃねぇなるんるん



ちなみに写真は、

走るダッシュ(走り出すさま)走るダッシュ(走り出すさま)走るダッシュ(走り出すさま)走るダッシュ(走り出すさま)走るダッシュ(走り出すさま)走るダッシュ(走り出すさま) の図と

走り終わって、グッタリたらーっ(汗) しているの図である。

走りすぎだよパンチ
posted by ハナユビ at 00:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

ベーゴマを回す風景がないね


今日は元旦 ぴかぴか(新しい)


近くの岸根公園を散歩してると、凧あげ、羽つき・・・やってる、やってる


だぁ〜が、楽を回している姿がなぁ〜い パンチ



廃れちゃったかなぁ〜。




オイラがガキの頃は、ベーゴマとメンコで世の中の厳しさを学んだもんだ。



正月だろうが、おかまいなしだいexclamation




ベーゴマは、あれでなかなか形状、巻き方、回し方でコツがあるんだぜ。



ベーゴマはさぁ、タカヒラがあるんだ。
※呼び方は全国区かどうかはわかりません。


背が高いのがタカ、平べったくてペッタンコがヒラ。



喧嘩ゴマは特にヒラが強いんだ。


       重心が低いからね・・・・・・・・・・・・・・。

でも、売ってるのはタカばっかりでさぁ。

しょうがないから、道端でゴリゴリ削るんだな、せこい方法だけどねたらーっ(汗)



あと、糸の巻き方もあるんだな。

コブ一つで巻くのを男巻き、コブ二つで巻くのが女巻き

男巻きはコブ一つだから、沢山巻けるでしょわーい(嬉しい顔)

回した時のパワーが凄いんだけど、上手に巻かないとスグ崩れちゃうんだな。

初心者は女巻きでやるのがいいんだなるんるん 



あと、回し方も二通りあってさ。

内投げ外投げって言ってさ、

腕を体の中に巻いて投げるのが内投げ、

   野球のサイドスローみたいに投げるのが外投げね。


当然、外投げの方がパワーが出るけど、コントロールが難しいからさ、

   ヘボが投げると回らねぇんだな、これがもうやだ〜(悲しい顔) 


つまり、独楽の形、糸の巻き方、独楽の回し方によって、戦略が変わるんだ。



でもさぁ、こんなに一生懸命やってても、負けちゃうと取られちゃうじゃん。



まさに、資本主義の縮図


まさに、弱肉強食



正月から、こんな光景が繰り広げられてたんだけどなぁ・・・。

家で桃デン(桃太郎電鉄)やってたほうが、楽しいのかなどんっ(衝撃)


変わったノウ、正月も・・・・・むかっ(怒り) 


posted by ハナユビ at 00:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

メチャぶつけという野蛮な遊び

オイラがガキの頃、メチャぶつけって言う遊びがあったんだ。



これって、全国区かな?




ルールは至って簡単。

ゴムボールを誰かれ構わず、ぶつけるだけ。どんっ(衝撃)


だから、メチャぶつけexclamation×2

・・………ねっ、簡単でしょ?




勝ち負けはなし。

休み時間が終わるとノーサイド。


しかし、この単純な遊びが燃えるんだ

痛くないから、思いっきりぶつけられるわけ。


嫌なヤローにミートすると、快感この上ない、至高の喜び!

当てられると、自尊心をえぐられるから、ますます熱くなるんだ。むかっ(怒り)


大体、普段ムカつくヤツに集中するから、

自分が狙うヤツが、決まってくるんだけどね。揺れるハート



先生に叱られて凹んだり、テストの点が悪かったり・・。

そんな時のストレス解消にゃ、ぴったりっexclamation


昔のガキは、こんな遊びで発散してるから、

凶悪なヤツがいなかったのかもな。



遊びの中で、みんな野蛮人になるからな たらーっ(汗)
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

靴隠しでなくした靴は何処?

オイラがガキの頃、”靴隠し”という遊び があったんだ。


ジャンケンで鬼を一人決定してさ。

他の面子は、自分の片方の靴を隠すんだ。


鬼は隠された靴を全部見つけると、一番最初に見つかった奴と、

鬼を交代するんだ。


この遊びで2回ほどトラブルがあってさ。


1回目は、靴の紛失事件でさ。

オイラは親父の真似して、着物でいたことも多かったんだ。

貧乏なくせに、お袋が高価な桐の下駄を用意してくれたのね。


ある日、”靴隠し”で公園の砂場に埋めて隠したんだ。

いつの間にか、”靴隠し”は終了してさ。

バイバイまた明日ねっ!て事で、家に帰ってさ。



お袋が聞くんだ。

アンタ、下駄の片一方どうしたの?

オイラ・・・

へへへ、ちゃ〜んと隠してあるんだァ。

・・・ 何処に

お砂場るんるん


        ・・・・・・・・・・・ 何だってぇ



親子で砂場を探した時には、時既に遅し。




高価な下駄を一丁





紛失させていただきましたとさ。


2回目は靴が、取れなくなっちゃった事件でさ。

雨が降っててさ。

広い屋根つき駐車場の中で”靴隠し”をやっててさ。

オイラは無造作に置かれてる、タイヤの中に靴を隠したんだ。


しばらく、鬼にくっ付いて、自分の隠し場所から離れてたらさ、





・・・・・・・・・
 





タイヤの上に車が止まって、靴が取れないあせあせ(飛び散る汗)

しかも、離れている時に置いたから、誰が車の持主もわからない。





トボトボと家に帰ってさ。





お袋に話したラサ・・・


こんのウスラトンカチ ○×♂△□∞


※我が家では、バカより”トンチキ”や”ウスラトンカチ”が一般的。


駐車場の大屋サンを尋ねて、車の持ち主呼んでもらって、

車をどかしてもらったんだ。



後で、お袋が手土産もって、謝りに回ってたんだ。あせあせ(飛び散る汗)




ガキは危機管理しないから、何しでかすか分かったもんじゃないね。


今にして思えば、親の怒る気持ちも分かるよ。

やんなっちゃうよ、こんなのことでさ、とっかえひっかえ近所を

謝罪行脚の旅


に出るのはさ。


でも、それも親の仕事、親の仕事を作るのがガキの仕事。

そのくらいに思ってないと、やるせないもんな。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

鬼ごっこの派生版を思い出そう

ガキの頃にやった遊びの中で、鬼ゴッコってのはポピュラーだよな。

ジャンケンで鬼を一人決定する。

逃げ回る人々の一人に、鬼がタッチするとタッチされた奴と鬼が交代。

これ、当たり前のルールだよね。


クラス全員参加でやる時は、鬼を3〜4人設定する。

これが、なかなか白熱するんだ。



そう言えば、鬼ごっこの派生版 が結構あったよね。



オイラの知ってるバリエーションを思い出してみた。

他に知っていたら教えて欲しいな。


1・目隠し鬼

  鬼を1名、生贄を3〜4名決定する。
  残りのヒトビトは手をつないで、大きな輪をつくる。
  その中に、鬼と生贄をぶち込む。
  鬼は目隠をし、回りの人々と、生贄の手打ちによって生贄を拿捕する。
  うちのジイちゃんは”これが鬼ごっこだ”と言ってたけど・・・


2・高鬼(たかおに)

  鬼ゴッコと基本は同じ。
  タッチされそうになった時、鬼より高い所にいると安全になる。
  しかし、他の人にタッチされないと、高い所から降りる事が出来ない。


3・形鬼(かたちおに)

  鬼ゴッコと基本は同じ。
  タッチされそうになった時、カタチと叫んで動作を止めると安全になる。
  しかし、他の人にタッチされないと、動き出す事が出来ない。


4・つなぎ鬼(呼び名は確立されてないかも・・・)

  鬼ゴッコと基本は同じ。
  タッチされると、鬼と手をつないでいく。
  ドンドン連なって、最後の1人がタッチされると終了。


この中で、ゲームの終わりがあるのは”つなぎ鬼”だけなんだな。

また、オミソもソコソコに参加できるので 、流行ってたんだな。


オイラはこれら鬼ゴッコの類が大好きだった。

楽しい鬼ゴッコをやるためには、人数が多いってことなんだ。





想像してみてくれよ。





つなぎ鬼をクラス全員でやったら、壮観だぜexclamation


たくさんの友達と、一つの遊びをやるってのは、当時最高の





贅沢だった





と思っているよ。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

遊びの中のオミソの存在意義?

オイラがガキの頃、近所単位 の集団で遊んでたんだ。

上級生も幼稚園児もクソミソ 一緒さ。


例えば、鬼ごっこをやったとするじゃん。

小さい子はミソッカス、通称オミソと呼ばれてさ。

絶対に鬼にはならないんだ。



じゃ、何が楽しいのかと言うとだ・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   



分からない。


オミソは、とりあえず参加してることに、意義があったみたいだな。

上級生はオミソにタッチ しても鬼の交代はないからね。

追いかけるフリ して、かまってるだけ。





お互いに健気じゃぁねぇか、コンチクショウめ!






当時、上級生は年下の面倒を見ると言うのが、当たり前だったのね。

遊びになったら、親からは治外法権的な扱いだったモンね。


喧嘩 だって、当事者同士と周りの連中で解決するしかないんだな。

なまじ、親とか大人が介入するとさ、





子供の喧嘩に親が出た〜るんるん






と、はやし立てられるのが関の山でね。

それすら、恥ずかしいと思ってたから、あんまり親に泣きつかなかったな。



オミソも上級生も、喧嘩が強いのも弱いのも、

グチャグチャ だったあの頃。


オミソでデビューして、やがてオミソの面倒を見るに至る・・・、

みたいなね。


今はどうか分からないけど、あの混沌の中で学んだ事は多かった

・・・と、思いたい。


次回は、鬼ごっこについて語りたいな。



posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

石垣を登る少年3

石垣を登る少年2からの続き


落ちたよ、あいつたらーっ(汗)



…と、一瞬思ったけど、こっちゃそれどころの騒ぎじゃないわけよどんっ(衝撃)

今でも、鮮明に覚えてるんだけどさ、上るも下がるも出来ないもんだから、

横に移動したんだ。


そうしたら、少し登れる出っ張りを見つけた。




やった!コレで登れちゃうかもっるんるん





と・・・、思ったんだけどなぁ。あせあせ(飛び散る汗)




これは、神様がオイラに与えた、もしくは試練だったんだ。


手がズルっっと滑ったと思ったら・・・、身体が斜めになって、

ドガガガガガ・・・・・・・・ッ


と、滑り落ちたんだ。


とにかく、落下するのを食い止めなきゃと思って、思いっきり指に力入れてさ。

必死 なもんだから、アッと言う間のような、長く踏ん張ってたような…、

分からないよ。


……で、ドンと落ちたそばで、ダチが足が痛くてのた打ち回っている。

オイラは、着地したとき全然痛みが無かったんだ。


……と、言うより落ちた興奮と恥ずかしさで、

痛覚が麻痺してたような気もするけどね。


”オイ大丈夫か”

”駄目だ、イテェ。”

”しょうがねぇなぁ、自転車までおぶっててやるよ”



って、オイラはソイツおぶって階段を上がって、地面に下ろしたら、

右足に違和感が………。たらーっ(汗)


そう、自分の足首とは思えないほど腫上がり、思うように動かなくて、

違和感があったんだ。




ヤベっ!オイラもヤバイexclamation





こうなったら、痛み出す前に帰らなきゃと思って、

ダチを自転車の後ろに乗っけてさ。




マッハ で帰ったよ。





病院 行かなきゃなんないからさ、お袋に報告したんだよ。

そうしたらお袋が怒り だしてさぁ。


”このトンチキあれほど○×▲♂”



一通り怒ると、出かける用意して、近くの前田外科(現林外科)に、ダッシュ!



当然、ダチも一緒にねるんるん




医者の所見では、ダチのほうは”捻挫”で松葉杖のご厄介になりました。

オイラは”打撲”で松葉杖のご厄介になりました。


なかなか、スリルがあったけど、安全の保証のないスリルは二度とゴメンだな。

当たり前か・・・。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 場所…遊びの思ひ出昭和篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。