2008年04月12日

悪魔のトラウマ

うちの姫も2年生になったよ。

未だに一緒に寝てるけどね〜。


オイラは幼稚園のころは、一人で寝てたんだ。グッド(上向き矢印)

ところがある日を境に、寝られなくなっちゃった。たらーっ(汗)



原因はジイチャンなんだ。




オイラは6畳の居間、ジイチャンは8畳の仏間、両親は寝室ね。ー(長音記号2)

居間と仏間は隣同士だから、顔を上げるとジイチャンが見えるの。


ある日、夜トイレに行きたくなって目覚めたんだ。目

んで、起き上がろうと思って、ジイチャンの方を見たらさ。



なんと、寝てるジイチャンの頭が悪魔に見える!


しかも、こっち見て睨んでる!どんっ(衝撃)




ジイチャンはげてたし、暗いし、光の具合だと思うんだけどさ。




大変だ!夜のジイチャンは悪魔だったんだ。



なんてこったっっ!!





悪魔の顔に見えるジイチャンの頭が、オイラを凝視してるからさ。





動くと食われる。あせあせ(飛び散る汗)





でも、目と目が合っちゃってる。目





トイレどころの騒ぎじゃないよ。むかっ(怒り)




ジイチャンは朝5時にお経あげるので、早起きなんだ。

とうとうトイレにも行かずに朝5時まで、悪魔と睨めっこだよ。もうやだ〜(悲しい顔)



その日、幼稚園から帰ってきて、ジイチャンに近寄れない。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

顔を見られると覚えられて、夜に食べられちゃうかも……。ー(長音記号1)ー(長音記号1)



だから、ジイチャンに顔を見られないようにするから…、



自然と避けたり…、




背中向けたりしてる。




そんなオイラが居る。




お袋が物干しで、洗濯物取り込んでる傍で、膝を抱えてさ。

ボソボソと報告したんだよ。


「おかあさん、大変だよ。」

「何が?」

「真夜中のジイチャンのことさ。」

「だから何??」

「知らないの?ジイチャンのこと。」

「だから何?むかっ(怒り)

「……」

「……」

「……ジイチャンが、悪魔だってことさ!どんっ(衝撃)

「……はぁ?たらーっ(汗)


実は、この話をする前に、ジイチャンがお袋に聞いてたんだって。


「ハナユビ…、幼稚園で何かあったんじゃないかい?」

「何で?」

「元気がないし、下向いてるし、人の傍に居たくないみたいだ。」




んだもんだから、お袋は納得したんだな。揺れるハート




「ジイチャンが悪魔な訳ないでしょ」って、言うんだけど。

オイラとしては、理解はしても、納得できないわけよ。バッド(下向き矢印)


あの、悪魔の顔を見ちゃったら、いくら違うって言われたってさ。



ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 心が受け付けないのさ! ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




結局その日のうちに、両親の寝室に移動だよ。

それから、小学3年生まで両親と寝てたよ。


悪魔のトラウマから開放されるまで、4年間もリハビリさ。あせあせ(飛び散る汗)

ハナユビ姫も、後1年くらいは一人じゃ寝れないかもな。



ちなみに、今回の原因ジイチャンに言わなかったんだって。

ジイチャンも心にダメージを負う可能性があるからって、

お袋が言ってたよ。


ガサツな割りに、変なところ繊細だったな、お袋は…。

うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

仮面ライダーになろう♪

オイラが小学2年生の時かな。

新宿厚生年金会館に、仮面ライダーショーを見に行ったんだ。


第1部はトッポジージョのフィルム(あえて映画とは言わない)。

トッポジージョは石森章太郎が、マンガを書いていた事あるよね。


第2部がお待ちかねの、仮面ライダーショーだよ。
※ここからは、うろ覚えの記憶だ〜。


ショッカーが、新宿厚生年金会館ホールを占拠したって設定ね。どんっ(衝撃)

オイラも熱狂して、ワクワクして、ショーを見てたんだ。


そうしたら、会場の中から選ばれた少年を、改造人間にするって言うんだよ。


こりゃ、改造してもらうっきゃない!!



で…、改造途中で逃げ出せば、オイラも仮面ライダーになれる!!



ステージの上と、後ろの非常口から戦闘員が、ワッっと入ってきてさ。

オイラの腕と腰を持ったかと思うと、さらって行きやがった。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)





超ラッキ〜exclamation(キラ〜ン)ぴかぴか(新しい)





ステージに上がったオイラを、ショッカーのオッサンが尋問するんだ。

”お前の名前を言え!”

”ハナユビ!ねぇ、どこで改造手術するの?”

”うるさい!改造は後だ!!ここにいる怪人を知っているか?”



”……………!?”



知らない…。たらーっ(汗)




こんな奴いたっけ??たらーっ(汗)たらーっ(汗)




”どうなんだ?知っているかと聞いているんだ!”



…………



……………………



………………………………




”ドライバー!”ひらめき





超適当(笑)





なに!?ドライバー??ふざけるなっ!もう一回言ってみろ!!”



”………ドライバーっ!!”むかっ(怒り)



”貴様ぁ〜!ふざけおって!”

”処刑だ!!”



怪人や戦闘員に囲まれた!!

その時、仮面ライダーが袖から現れて、救出されてさ。

お袋の所に、返されちゃったよ。




ガッカリ………たらーっ(汗)たらーっ(汗)





オイラの仮面ライダー化計画は、途中までスムーズだったのに。

ドライバーって答えたのが、失敗だったカナ?



……とか、一人反省会をしちゃったよ。もうやだ〜(悲しい顔)



でも、あの怪人……、本当に見たこと無かったんだよなぁ…。





数ある仮面ライダーの中で、最初の”らしくないライダー”
は仮面ライダーアマゾンだと思う。
初めて、TVで見た時には、衝撃だったよ。
何処から見ても、正義の味方に見えないし、
戦闘は野獣そのもので、洗練されていない。
でも、主題かも含めて大好きな1人だよ、うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

男のクセにって言うな!

 
オイラがガキの頃、男のクセにってフレーズをよく聞いたよ。

男のクセに泣くな。exclamation

男のクセに笑うな。exclamationexclamation

男のクセに喧嘩もできないのか。exclamationexclamationexclamation

男のクセに野球もできないのか。exclamationexclamationexclamationパンチ


などなど。


同様に女のクセにってのもあったな。

女のクセに料理もできねぇ。たらーっ(汗)
みたいなね。


内容はともかくとして、男のあり方、女のあり方が画一的だったんだね。





ある意味、分かりやすかったな。






そう言えば、幼稚園の時に、いじめにあってさ。もうやだ〜(悲しい顔)

ベソベソ泣いて帰ったら、お袋が居てさ。


男のクセに、泣かされて帰って来るんじゃないよ!



って、どやされちゃってさ。






もう、泣きっ面にハチだよ。






そこでぇ………、一案を講じてさ。





オチンチンが無ければ、泣いてもいいと思ったのね。





オチンチンが無い = 男じゃない = 女 = 泣いても良しひらめき



GOOD!



取ろう!



オチンチンを!





そこで、トイレに入って、引っ張ってみた。



…………取れそうにもない。




じゃ、中に入れてみた。



…………入りそうにもない。




じゃ、オシリに向かって、たたんでみた。



…………なぁ〜んとなく、違う。




10歳違う従姉妹のネェチャンに聞いた。



女になるためには、どうしたらいいの?




知らないわよ。生まれた時から、女なんだから!




…………ごもっとも。




親に聞くわけにもいかず…………、


結局、女になることを諦めたよ。



思えば、この時に男として、生きて行く覚悟を決めたんだ。


人生最初の一大決心さ!




とは言うものの、相変わらずベソベソ泣いてたけどね♪



ところで、女の腐ったのって言葉、あんまりだと思わない?





結婚できない男のための結婚できる技術だそうだ。
多分、書いてあることができれば、結婚できると思う。
でも、出来ないから、結婚できないのでは?
あぁ〜、男は男として、できなきゃいけないことがあるんだ。
それが出来ないと、男のクセにって言われちゃうんだ。
きっとそうなんだ。そういう事にしておこう、うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

原付バイクを買おう♪

はるか遠い昔、高校生になったオイラは、バイクが欲しくなったんだ。

当時は、スズキのカタナとか、750キラーのRZとか、

そりゃあ、カッコ良いのが目白押しさ!!



でも、いきなり大きいのだと、親父の反対にあうからさ。

原付から、慣らして行こうと思ったんだよ(戦略)。



バイトにもセッセと励んでサ…、

部活もセッセと励んでサ…、

勉強はソコソコ励んでサ…、

前に書いた、暴走族のお兄さんに痛い目にあっても、お金貯めてサ。




やっと金が貯まって、ヨシっ!






購入交渉開始!






よく考えてみたらぁ……、

免許もあってぇ……、

金は自分でためてぇ……、

自分で保険に入ってぇ……、

なんで、購入交渉しなきゃなんないの?






とは、純粋に思ったけどね。






まぁ、良いじゃないか、バイクが手に入れば!!






で、親父に話したラサ、いきなりサ、ダメっ!!!!

何でだよ??って聞いたらサ、





事故を起こす可能性が、100%あるからダメ!





と、こうきたもんだ。

何だとぉ〜!



こういっちゃ何だが、オイラにしてみれば交渉じゃネェんだ!


購入報告なんだよっ!!


って言ったらサ、

絶対に事故らないなら、買ってもいい!!


って、こうぬかしやがった(激怒)。


モライ事故もあるんだ!!絶対なんかあるか!!!



って、反撃したら………、


地下鉄に乗ってりゃぁ、バイクなんていらねぇんだっ!


だって(トほほ……)。


こりゃ、もう話してもダメだと思って、勝手に買っちまおうと思ったらサ、

お袋が条件を出してきたんだ。



違反しない……、

雨の日乗らない……、

風の日乗らない……、

雪の日乗らない……、

で、最後に、夜乗らない。




親父の条件に比べたら、はるかにマシだと思っちゃったから、

オッケ〜〜(嬉)!


って、即答こいちゃったよ(笑い)。


こんな条件を実行できる、聖人君子みたいな奴……、

この世に存在して、たまるかっ(呆)!!



何んか、夫婦の戦略にサ、まんまとハマッちゃった気がする………(悔)。


その後、二人乗り、整備不良、スピード違反…、たくさんしちゃったよ。




だから、チャラだな!



posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

サンタクロースっているの?

そろそろ、クリスマスだね。

ハナユビ姫へのプレゼントプレゼントは、まだそろえていない。

カミさん任せで、そろえた事も無いけどね(笑)。


去年、サンタクロースがオイラだって、ばれちゃったッぽくてね。




今年、敗者復活で軌道修正しないとね。








オイラは物心ついても、サンタを信じてたよ。

お袋の兄弟12人いたし、じいちゃんと同居してたからね。

オジサン、オバサンがやってきては、オイラにプレゼント持って来るんだ。



サンタさんから、プレゼントを預かってきたよ。




って、みんな同じ決り文句を言ってたからさ。

サンタを見ないからって、居ないってことにはならなかったんだ。


って、言うよりも聞くことが出来ないんだ、サンタの事を。


だってさ、みんなん家は子供1人に1個だけしかくれないじゃん。

オイラは、オジサン、オバサンの数だけもらえるわけよ。ぴかぴか(新しい)


余計なこと聞いてさ、サンタがオイラにあげすぎてるのに気付いてさ、

来年からプレゼントがさ、1個だけになったら悲しいじゃん。











戦略的黙秘……











でも、お礼は言っておかないといけないからさ。

自分の名前を書かないでサ、筆跡も変えてさ、お礼の手紙を渡してたよ。


子供は、子供なりに、いろいろ考えてたよ(笑)。



クリスマスが近付くとさ、いい子でいようと心がけるようになるんだ。

サンタに嫌われたら、大事だからね。


よこしまではあるけど、いいじゃない。

フィンランドくんだりから、日本のガキにプレゼント渡す…まさに夢。

子供には、いつまでもサンタを信じていて欲しいなぁ。


オイラはサンタは居ないって、未だに親に言われた事無いよ…。


ハナユビ姫には、行けるところまで行くよ


posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

肩揉みの単価考察♪

 
この頃、肩から腰からガタピシャでね。  

ハナユビ姫が、もうちっと力があったら、肩揉みを頼むんだけど…。


オイラがガキの頃、よく親に頼まれて肩揉みをしたの思い出したよ。







当然、有償ね たらーっ(汗)

 





小遣いが足りなくなると、肩揉み券を発行するんだけどさ。

当時、結構キツイ単価設定になっててさ。




¥10/10分間…もうやだ〜(悲しい顔)





人の足元見やがるんだよ、うちの親は。むかっ(怒り)

今でも覚えてるよ。



1回目の発行のときはさ、

小学校で野球チーム作ろうってことになった時ね。


野球帽を揃える事になったんだよ。

それが、エンブレムを含めて1,200円ね。

ってことはさ、20時間揉むんだよ、揉みつづけるんだよぉ、肩をサ。もうやだ〜(悲しい顔)



2回目の発行の時はさ。

モデルガンが欲しかったんだよ、ワルサーPPKね。

これが、弾丸も含めて2,500円ね。

ってことはさ、40時間以上揉むんだよ、オイラまだガキなのに…。もうやだ〜(悲しい顔)



ちなみに、お袋の肩の方が、揉むの楽なんだ。

やっぱり、肩が凝ってても柔らかいのね。

親父の肩はカチカチのコチコチでさ。

石とか木を揉んでるみたいなんだ(泣)。








……もう、泣けてきちゃってね。たらーっ(汗)








それでも、お袋は最後の方になると、オマケしてくれるんだけどさ。

親父は厳しくて、値引き、オマケ、情状酌量が一切無しね。



だから、肩揉み券はお袋に販売するんだけどさ。

いつの間にか、親父にも転売されてんだよ。


こっちもバカじゃねぇからさ。

”他の人に売ったり、渡したりしたら無効。”


”落としたり、無くしたりした時には、連絡して下さい。”






って、裏書したんだよ、ザマアミロ。むかっ(怒り)






ところが、敵もなかなかやるんだよ。

親父に売った券は、3倍の値で取引きの交渉が来るのさ。








ー(長音記号1)妥協?!ー(長音記号1)








だってさ、30円/10分だよ!むかっ(怒り)

そりゃ、石だろうが、親父の肩だろうが揉むよ、絶対さ(笑)。


そんでも、ワルサーPPKの時には、2週間もかかっちゃった。




もう、手にした時には嬉しくてサァ。ぴかぴか(新しい)





何回も手に取って、分解して、組み立てて、磨いてね。


やっぱ、欲しい物を手に入れるには、苦労が必要な時期があるんだな。

今にして思えば、良い体験だけど…。









二度とごめんだがね………☆










それにしても、今は風呂屋のマッサージ椅子なんて100円/10分だよ。

それを考えると、過酷な労働だったよな(笑)。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

親6才、子6歳の対比

うちの娘、6才。かわいい

過去ログで書いた、ガキの頃のオイラの年と、シンクロし始めたな。ぴかぴか(新しい)


6才の娘と、6才の頃のオイラを比較すると、娘の方がしっかりしてるな。たらーっ(汗)

この頃のオイラは、凄い泣き虫でさ。もうやだ〜(悲しい顔)





長泣きたらーっ(汗)に関しては、先生にも一目置かれてたよ(笑)。るんるん





しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗) しくたらーっ(汗)


って、いつまでも延々と泣くんだ。


先生が根負けするほど泣くたらーっ(汗)もんだから、よくお袋が引き取りに来てたよ(爆)。

うちでは扱いかねますっパンチて、園長に言われたらしいからね。




私立の幼稚園って、ドライよね。どんっ(衝撃)




そこへ行くと娘は、先生にホメて欲しくて、目立とうとする症候群。

家と幼稚園じゃ大違い…、なんだってさ。

まして、幼稚園で泣いたのは、お漏らしした一回だけ。

お泊まり保育もなんのその。いい気分(温泉)





もう、ルンルンだよ。ぴかぴか(新しい)






オイラの時は、お泊まり保育なんか、もう大変。……どんっ(衝撃)










前の日から泣いてんだから(笑)。ひらめき









行きたくない、しくしくしくしくしくしく…………。もうやだ〜(悲しい顔)




そのうち、お袋の堪忍袋の尾が切れてさ。バッド(下向き矢印)





いい加減にしなさいむかっ(怒り) !!




って雷<雷/span>が落ちてさ…………。

それでも、しつこく泣いてたなァ、涙へのお義理ってかネェ。


でも、幼稚園から帰ってくると、ヤンチャに早変わり。るんるん

親も首をかしげてたな。



どっちのガキも、ガキらしい。ぴかぴか(新しい)

この時期が一番、時代に関係なく、子供が子供らしい時かも知れないな。

続きを読む
posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

一人っ子の気持ちの伝え方



オイラは一人っ子でね。



ガキの頃、雨の日雨 は兄弟が欲しかったなぁ。

外で遊べなくて、つまんないとお袋にねだったもんさ。たらーっ(汗)



どぉ〜して、うちには弟がいないの?




進君のお母さん、お母さんより痩せてるのに、子供生まれるんだよ。

オイラも子供が欲しいよぅ。




小学3年生位まで、ねだってた覚えがあるよ。

なんたって、赤ん坊は、お母さんのヘソから産まれると思ってたからね。るんるん

気楽にリクエストしたモンだよぴかぴか(新しい)


さすがに、コウノトリがとかさ、

キャベツ畑なんて、信じる歳でもなかったからね。



結構、笑ったのはさ。


お袋にさ、


太ってんのに、何で子どもができねぇんだ?


って言ったら、ダイエット始めやがってさ。爆弾



オマエがデブだって言うから、痩せるんだ!むかっ(怒り)



って言うんだ。






・・・・・・違うって。








太ってるから、弟を産んでくれって言っんだ。失恋




痩せてくれって頼んだんじゃねぇよ。むかっ(怒り)






まあ、そう思ってもしょうがない位、太ってたけどな(笑)。



とどの詰まり、赤ん坊がどうやって産まれるのか分かったのは、

あの時から遥か遠い未来だった。




そして、オイラは相変わらず一人っ子だ。もうやだ〜(悲しい顔)


なぁ〜に、別にもう構わんけどな。  ・・・・☆


posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

血液型B型・・・世間の風冷たし

世間でB型の血液型を持つ者…、ちと風当たりが強いね。もうやだ〜(悲しい顔)


ちなみにオイラB型(囁くように言っている)。たらーっ(汗)



ずっと子供の時からネ。たらーっ(汗)



…つまり、生まれたときからさ。たらーっ(汗)



ウチはジイちゃんがB、親父がB、お袋B、オイラがBぴかぴか(新しい)



もう、B型の大安売りだよ。るんるん





  人の話を聞かない、パンチ

    ながら族の名手、パンチ

      突発的危機に威力を発揮パンチ

         ・・・懲りない。たらーっ(汗)













当り・・・・・









オイラがガキの頃、夫婦喧嘩はB型同士の一騎打ち。exclamation×2


お袋がTV見てるのに、親父が話しかける。

  お袋が怒ると親父はふてくされる。

    しばらくすると親父が自動的に話し出す。

      お袋が大激怒むかっ(怒り)する。


ず〜っと、コレが輪廻し、最後にオイラが巻き込まれるんだ。




分かっているのに懲りない・・・たらーっ(汗)





あぁ〜、だからB型って嫌なんだよ。むかっ(怒り)


オイラがガキの頃の当時、血液型占いが既にあったら、

オイラの家族も、もう少しわきまえて、平和に暮らしたんだろうなぁ。

posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

いじめられっ子のオイラ 2

続き・・・。

ある日、いじめっ子達は、オイラを怒らせる作戦に出たんだ。

オイラの名前は、女の子みたいでさ。もうやだ〜(悲しい顔)



名前をバカにされると、暴れん坊将軍になっちゃうんだ(笑)。



三人のイジメっ子で、そのことを知らないのが、はやし立てたんだ。

その日の放課後パンチ、そいつが一人になった時パンチ、ぶっ飛ばした。パンチ

したら、泣いてやんの。るんるん
※結構、手加減なしだった。痛かったと思う。




向こうの親が文句言いに来てさ。むかっ(怒り)





お袋がペコペコ謝ってんだ。もうやだ〜(悲しい顔)





・・・・・・・・・ お袋らしくもねぇんだよ。バッド(下向き矢印)




大人になって聞いたら、スカッとしたって言ってたっけ。るんるん



そういえば、昔はこういう場合、仲間はずれに該当するな。

イジメられっ子は、ジャイアンとのび太の関係だよ。

その他、絶交ってのもあった。

今は、全部イジメで片付けられてるな。


まぁ、つまり昔もあったってことよ。

昔は、陰湿じゃないなんて聞くけど、十分陰湿さ。exclamation

・・・・・・・・程度の問題じゃないかなどんっ(衝撃)


おしまい。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

いじめられっ子のオイラ 1

オイラは一時期、イジメられっ子だったらしい。

自分のことなのに、らしいってのはぁ・・・・・・・、

イジメにあってんのに気付かなかったんだ(笑)。るんるん


例えばぁ・・・・・、


信号で皆が渡ると思ってると、オイラだけ渡って、皆違う方向に行っちゃうとかぁ。たらーっ(汗)

待ち合わせ場所に誰も居ないとかぁ。たらーっ(汗)

ベーゴマやるのに、野球って言われて、ずっと見てるだけだったりね。たらーっ(汗)



お袋は、ずいぶん地団駄むかっ(怒り)を踏んだらしい。

けどオイラは、それがイジメと気付かなかったから、幸せだったんだな。るんるん



イジメっ子達も、オイラがこたえないから、物足りなかったんだな。

ある日、オイラを怒らせる作戦に出たんだ。どんっ(衝撃)

古今東西、イジメっ子ってのはさ、

   相手になると、エスカレートするし、

       相手にしないとエスカレートするし、


始末に負えないノゥ。




当時の親は、この手の話にギリギリまで介入しなかったもんさ。



子供民事不介入(笑)。




その分、裏方に回って、戦略授けてたね(笑)。ー(長音記号1)ー(長音記号1)


こういう場合はやり返せとかね。

そういう意味でも、ケンカっ早いお袋としては、まどろっこしい息子だったんだ。


オイラを怒らせる作戦は次回に。

・・・続く。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

叱られようぜ、何度でもね♪

ママの手は魔法の手るんるん

なんでもできちゃう不思議な手るんるん

どうして上手にできるのかなるんるん

ママるんるん ママるんるん ママの手は魔法の手るんるん



ガキから見れば、確かに魔法の手なんだ。

料理なんかは、子供心にドキドキしながら見てたもんだ。


もう一つ、ママは偉大な予言者でもあったな。



×◎△♂□しちゃダメ、こうなるからねパンチ



と言われたことは、大概当たるんだな。

で、やらかして、こっぴどく叱られる訳ね。たらーっ(汗)


こっちも、絶対に当たってなるもんかって、躍起になるからさ。

ダメって言われたこと、またやるんだ。





……で、結果は同じ。バッド(下向き矢印)






いつか、ギャフンと言わせるつもりのお袋は、十年前に死んじまった。

とどの詰まり、オイラの負けかな。もうやだ〜(悲しい顔)


代わりに、オイラの娘が同じ事、しでかしてる。どんっ(衝撃)

ガキなんて、何時の時代も変わらないんだ。

多分。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

親に似た子供の気持ちって?

ウチの5歳の娘、泣くとオイラの顔にソックリになっちゃうんだ。

つまらない所が似ちゃうんだよな。何故かな?



オイラも、オヤジのヘンなところが似ちゃってね。



山椒や七味を味噌汁に落とす時、人差し指でトントンとする様とか、ぴかぴか(新しい)

レバニラ炒めとかの時に、最後に残った汁にお湯入れて飲んじゃうとか、ぴかぴか(新しい)

トーストにウスターソースを塗って食べちゃうとか、ぴかぴか(新しい)

ビートたけしの用に肩をクリックリッってしちゃうとか、ぴかぴか(新しい)

お気に入りのTV番組の傾向とか、ぴかぴか(新しい)

豆腐屋で売ってる物が大好物とか、ぴかぴか(新しい)

居眠りの仕方とか……………………。ぴかぴか(新しい)




ウチの親父は地下鉄の運転士で、家にいることが殆ど無かったんだけど、

な〜んか似ちゃうんだなぁ。




で、似てるって言われるのが嫌なんだけど、似ちゃうんだなぁ。もうやだ〜(悲しい顔)




ひょっとして、今の親父の姿がオイラの未来だったとしたら…、




うんうん………、絶対にゴメンだなパンチ







オヤジぃ、悪気はないんだけど、ヤッパリ嫌っスバッド(下向き矢印)




オイラの悩みは、娘に同じこと言われたら、

一撃でヒットポイントがゼロになるなってことなんだ。




パルプンテに匹敵するダメージだなパンチ
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

オイラが大人になった時

オイラがガキの頃、

おっexclamationオイラも大人になったじゃん。

…って、思った瞬間があってさ。




それは、紐の付いたスニーカーを履いて、学校に行った時なんだ。




なんつったって、紐靴を履いて学校に行くってことは、

超えなきゃなんない、様々なハードルをクリアしたってことだからね。


まず、紐を蝶結びできなきゃなんないでしょ。


   これ、オイラは時間かかったんだ。もうやだ〜(悲しい顔)

   結構、器用な方だったんだけどね。もうやだ〜(悲しい顔)


次に、早く紐を結べなくちゃなんないでしょ。

   体育の着替えの時や、家庭科室へ入るときには必ず脱ぐからね。


あと、我慢も大事だぞ。

   みんなが汚ねぇ所 で遊んでも、オイラは遊んじゃなんねぇ。

   靴が汚れちまうよ・・・・、我慢我慢exclamation


最後に、靴を洗うのを面倒がっちゃいけないでしょ。

   紐靴は構造が複雑だから、凸凹が多いんだな。

   ちゃんと洗わねぇと、きたねぇんだ。

   せっかくのアカヌケが、台無しになっちゃうよ。


オイラはデビューが、小学校3年の時だったけどね。

兄貴とか、兄弟いる奴はデビュー早いよ。



でも、最初の紐靴デビューの時には、ウキウキしてさぁ。

用事があっても、ゆぅ〜っくり歩くんだ。


何せ、大人への仲間入りだからねわーい(嬉しい顔)

忙しないこと出来ないさ。



あの、板金色の青いゴムシューズから卒業し、

   紐付きスニーカーを履いた日から、

     おしゃれに芽生えたと言っても過言じゃないね。


同時に、お袋付き添いの買い物からも卒業したんだ。

なんとなく、懐かしいなぁ。
posted by ハナユビ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

根気は得気

この前、久し振りにオイラが、娘にベーコンエッグを作ってやったんだ。

ハナユビ姫(4歳)が、

”卵、割らして〜、お願いぃ〜!!”

と言うのを制止し、事なきを得たんだけど、はてさて……、

オイラは一体、いくつの時に割れるようになったんだっけ?


記憶を反芻してみると、確か小学校2年生だった気がするね。

オイラんちは何故か納豆に卵、もしくは大根卸しを入れるのが慣わし!!

で、その時にお袋が卵を割っているのが、なんかむしょうにぃぃ、

面白そうに見えたのがきっかけさっ。


やらせて貰うんだけど、何度やってもダメ。

ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!






今にして思えば理由は簡単。






殻を割ったところに親指を当てるんだけどぉ……・・・、

その親指がぁ………、

上を向いているからぁ・・……・、

下に落ちずに、上にぶちまけるんだっ。





あたりまえだろっ!






1週間ぐらい練習してもダメで、お袋も親父もサイを投げてさ。

ジイちゃんだけが、教官として残ってくれたんだ。


ある日、午前中に”遠山の金さん”(再放送)を見ながら、

朝飯の用意をしている時、何も考えずにやったのがタマタマ上手くいったんだ。


そう言えば、ベーゴマの時もそうだったんだ。


全然上手くできなくって、一日中一人で猛特訓!



夕方になっちゃって、手元も怪しくなってきた時に、

ヒョイッとやったら上手くいったんだ。


ガキってのは、やるチャンスの量が重要だしサァ、

自分としても、できるまでやるかが鍵だな。


昔は、学ばなければいけないことが、多かったもんね。


例えばぁ…………、

”缶きり”とかぁ………、

”鉛筆削り”とかぁ………、

”リンゴの皮剥き”とかぁ………、

”靴洗い”とかさ。



今は、ますます便利になってさ。

中々、チャンスが少なくなっているように思うけど、

はたして良しなのか悪しなのか?

posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

子供だって見たい!

i1.jpg オイラが幼児から小児になるに連れ、

ガキが見ちゃいけない番組が増えてきたぞぉ。


そりゃオイラだって一生懸命、観覧する努力をしたさ。


当時のターゲットは、

・金曜スペシャル  ・独占大人の時間  ・ウィークエンダー
・ハレンチ学園  ・11PM など。


とにかく、親の目を盗むのは、並み大抵の努力じゃ駄目さ。

だから、チラッって見るだけで、終わりなんて事ばかりでさ。

しかも、番組の後の方にならないと、お待ちかね映像にならなくてね。

挙句の果てに、見たと思ったら3分位で終わっちゃってさ。





よく、泣かされたモンだよ。






証拠隠滅も忘れちゃなんないぞ。






例えばイヤホンの処理とかさ。

イヤホンジャックの差し込み口を散らかしといてサァ、

刺さってるのが分からないようにするとかね(笑)。


当時のテレビはスイッチを切る時、バチッとデカイ電子音がしたんだ。

だから、お袋が部屋の戸を開けようとした時に消すと、バレちゃう。


部屋の戸に”一時停止!一声かけて!”と紙を貼った時は、

2週間くらい楽勝だったな、ノックなんかしちゃってな。



とにかく、バカバカしい事に頭を使って、

後で親に”他で頭使え!”って言われたけどサ、

社会に出たら、この手の知恵が有効なのが身にしみるな。



そう考えると親はガキにとって障害物である必要があるかもな。



嫌だけどね。


 
posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

ゴキブリ戦争

まだオイラはガキの頃から、ゴキブリが大嫌いでさ。

あの黒い影を見ると戦慄が走り、天変地異が起きたような大騒ぎをしたもんさ。

親父は平気で手でつかめるんだけど、トロイもんだから逃げられちゃって。

逃げられると何処から現れるか見当もつかないから、ますます怯える。







いっそ、始末してもらわないと(怒)。








そこへいくとお袋は違った。

ゴキブリさえ気の毒になるほど、執拗に追い詰め抹殺するんだ。




残忍にね(恐)。





捕まえたらコンロで火炙りの刑か、八つ裂きの刑が待ってる。




頼りがいがあったもんだ(拍手)。





”あたしゃ、あんたのためにやってんじゃない!”


”憎いんだよ、ゴキブリだけは。”



と、言ってた。


昭和40年代前半は、ゴキブリ捕獲兵器は新聞紙と相場が決まってたんだ。
あ…、金持ちはハエたたきや、プラスチックのゴキブリ捕獲器ね。


いづれにしても、後始末が大変で・・・。

1M以上近寄れないもんな。


だから、ゴキブリホイホイが出現した時、ゴキブリ暗躍時代の終焉と思ったよ。





いや、マジで(歓喜)!






だが、ゴキブリを追い回すお袋の姿は、お袋が他界するまで続いていたっけ。

オイラが爺になった時、ゴキブリを見て心臓麻痺で死ぬことだけは避けたいなぁ。


そういえば、オイラがガキの頃は、しょっちゅう外から飛んで来たけど…、

今あんまり見ないなぁ。



どぅしちゃったんだろ?

 
 
 



ゴキブリ…、この表紙を見て、可愛いと思う人…、
何かが壊れてると思うよ♪
題名は美しきゴキブリの世界…、美しいのか?
オイラは、ヤマトゴキブリのシャープで、黒くて、
足の毛を見ると、心臓が破壊されそうになっちゃう。
だから、ゴキブリは興味が尽きないんだ、うん。
posted by ハナユビ at 00:00| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

セックスって何?

オイラが小学校3年の時、1つ年上の近所の兄ちゃんから教わったことがあるんだ。


”おい、いいこと教えてやる。これは、俺が教えたって言うんだぞ。”

”ウンウン、分かった。”

”お父さんとお母さんが仲良く話する事を英語でセックスって言うんだぜ。”

”セックス!?げーっ、ヘンなの〜。”





う〜ん、今考えても乱暴なヤツだなァ。






でも、彼も本気だったのは”俺が教えたって言え”と言ってるんだよね。

彼も、博学だってことを自慢したいんだよ。


家に帰ってからさぁ、近所のおばさんが聞くわけ。

”いるのぉ〜?おかあさん??”


もう、満面自信タップリで

”いるよ〜、今ねぇ〜、セックスしてる。” 

”…そう ○▽♂×♀。” 


その後さァ、そのおばさんからウチのお袋の耳に入ってさぁ。

”あんた、セックスの意味分かってんの??”

”当たり前だよ!お父さんとお母さんが仲良くお話することさ!!” 

”…そうなんだぁ〜。” 


その時は何にも言われなかったのね。と、言うより何にも言えなかったんだ。

だってその後、お袋が親父に詰め寄ってたもん。


”アンタから言って聞かせてよ!私できないからね!!”

”何を言うってんだぁ?怒るようなことじゃないし…、”

”まぁ、そんじょそこらで気軽に使うなくらいは言っておくかな?”


そ〜だよなぁ、叱るのもヘンだし、諭すのもヘンだし……、

本当のことを教えるには恥ずかしいし……ね。



結局、セックスという単語は今後、使用しないと言うことで落ち着きました。




何故?って聞いても教えてくんなかったよ。 

今なら、親の立場も分かるけどね。


コメント
posted by ハナユビ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

おねだりをする少年


お袋の兄貴、つまりオイラにとっておじさんが、

歩いて5分くらいのところで米屋をやってたんだ。


そこの、おじさんとおばさんにも溺愛されててさァ。



オイラもよく知ったもので、欲しい物とかあるとおねだりに行くんだ。


”おばさん、XXのプラモデルが欲しいんだけどぉ…。”

”いいよぉ〜、おばさん買ってあげる!”


値段も何にも聞かないんだよ。

”でもねぇ、おばさんにねだったって言うとお母さんに怒られちゃうかなぁ〜。”

”じゃあさ、おばさんが無理やり買ったんだって言いな。”

”おばさん、証明書かいて。僕が嫌って言ったのに無理に買ったって。”

”いいよぉ〜、何枚でも書いてあげるよ〜。”


米屋やってたから、領収書とかのある場所を知ってたんだよね。

お袋の所に帰って来て、プラモを後ろに隠して証明書を…


”んっ、んっ!!”



と差し出す。


お袋は分かってるから、もう怒らないんだけどね。



よく米屋のおじさんが言ってたっけ。

”買ってやって、無理やり貰ってもらったってのはどうゆうこった!!”

”ううるさい!!”

おばさんに怒られちゃうんだ。


子供心に、おじさんが気の毒だったなぁ。

posted by ハナユビ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族…ガキの頃のオイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。